Javascriptのテスト環境を作成する(mocha+power-assert)

スポンサーリンク

はじめに

mochaとpower-assertを使用したjavascriptのテスト環境を作成するためのまとめです。

注意

  • PCにnode.jsがインストールされている必要があります。

環境

OS Windows 7 Pro 64bit
その他 node.js 6.9.4
mocha 3.2.0
power-assert 1.4.2

mochaとは

mochaはnode.jsとブラウザで実行されるシンプルで柔軟なJavascriptテストフレームワークです。
ライセンスはMITです。

power-assertとは

power-assertは標準的なアサートインターフェースを通して詳細なアサーションメッセージを提供するためのツールです。

テスト環境の作成

Javascriptのテストに必要なライブラリをインストールします。

mochaをインストールする

npmを利用してmochaを開発環境にインストールします。

npm install --save-dev mocha

pawor-assertをインストールする

続いてpowor-assertをインストールします。

npm install --save-dev power-assert

node.js上でpower-assertを利用するためにintelli-espower-loaderをインストールします。

npm install --save-dev intelli-espower-loader

package.jsonの編集

package.jsonを以下のように編集し、npm testからmochaを実行するように変更します。

  "scripts": {
    "test": "mocha"
  },

テストの実行

実際にJavascriptを書いてテストを実行してみます。

テストファイルの作成

プロジェクト内にtestフォルダを作成しその中にtest.jsというファイルを作成します。

root
  ┣ node_modules
  ┣ test
  ┃   ┗ test.js
  ┗ package.json

以下のようなテストを書きます。ここでは配列[1,2,3]4が含まれていないことを確認します。

var assert = require('assert');

describe('Array', function() {
    describe('#indexOf()', function() {
        it('shoud return -1 when the value is not present', function() {
            assert.equal(-1, [1,2,3].indexOf(4));
        });
    });
});

テストの実行

npm testコマンドでテストを実行します。成功すると以下のように表示されます。

  Array
    #indexOf()
      √ shoud return -1 when the value is not present


  1 passing (8ms)

エラーの場合

test.jsの内容をエラーになるように変更します。

- assert.equal(-1, [1,2,3].indexOf(4));
+ assert.equal(-1, [1,2,3].indexOf(3));

この状態でnpm testコマンドを実行すると以下のようにエラーが表示されます。

  Array
    #indexOf()
      1) shoud return -1 when the value is not present


  0 passing (11ms)
  1 failing

  1) Array #indexOf() shoud return -1 when the value is not present:

      AssertionError: -1 == 2
      + expected - actual

      --1
      +2

      at Context. (test\test.js:6:20)



npm ERR! Test failed.  See above for more details.
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする