さくらVPSでWordPressを動かす – 前編(CentOS7+nginx+php7)

スポンサーリンク

はじめに

さくらのVPS(1G SSD)にnginx、php7をインストールしてwordpressを動かすまでのまとめの前編です。

注意事項

  • VPSの初期設定は終了した状態から始めています。
  • コマンドはすべてroot権限での操作です。

環境

今回の作業環境は以下の通りです。

VPS さくらVPS 1G SSD
OS CentOS 7.3
Webサーバ nginx/1.10.2
その他 PHP 7.1.0 MariaDB 5.5.52 WordPress 4.7

yumリポジトリの追加

パッケージをインストールするためにyumリポジトリを追加します。

EPELリポジトリのインストール

EPELリポジトリをインストールします。CentOS7にはepel-releaseパッケージが含まれているためファイルを取得せずにそのままインストールします。

# yum install epel-release

EPELリポジトリのバージョンを確認します。

# rpm -qa | grep epel
epel-release-7-8.noarch

「--enablerepo」オプションを付けないと実行できないよう変更しておきます。

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
- enable=1
+ enable=0

Remiリポジトリのインストール

続いてRemiリポジトリをインストールします。

# yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

Remiリポジトリのバージョンを確認します。

# rpm -qa | grep remi
remi-release-7.2-1.el7.remi.x86_64

初期値で「--enablerepo」オプションが0になっているはずですが一応確認しておきます。

#vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

[remi]
enable=0

1.nginx(エンジンエックス)のインストール

yumにてnginxをインストールします。

# yum --enablerepo=epel install nginx

インストールされたnginxのバージョンを確認します。

# nginx -v
nginx version: nginx:1.10.2

自動起動するように設定

サーバ起動時にnginxが自動で起動するように設定します。

# systemctl enable nginx

サーバを起動して確認

nginxを起動します。

# systemctl start nginx

ブラウザからアクセスして「Welcome to nginx on Fedora!」と書かれたページが表示されれば成功です。

サーバルート
/usr/share/nginx/html
設定ファイル
/etc/nginx/nginx.conf

2.php7のインストール

wordpressを動作させるためにphpをインストールします。今回はphp7と他に必要なパッケージも一緒にインストールしておきます。

# yum install --enablerepo=epel,remi-php71 php php-mbstring php-pear php-fpm php-mcrypt php-mysql
php-mbstring
マルチバイト用の拡張モジュール。
php-pear
PEARパッケージ。
php-fpm
FPM(FastCGI Process Manager)はphpのFastCGI実装のひとつ。主に高負荷のサイトで有用な追加機能が用意されている。
php-mcrypt
暗号化用モジュール。
php-mysql
mysql用のパッケージ。

バージョンを確認します。

# php -v
PHP 7.1.0 

php-fpmの設定

php-fpmの設定ファイルを開きユーザーとグループをapacheからnginxに変更します。

# vi /etc/php-fpm.d/www.conf

[www]
- user = apache
+ user = nginx

- group = apache
+ group = nginx

サービスを自動起動するように設定

サーバ起動時に自動で起動するように設定します。

# systemctl enable php-fpm

サービス起動

php-fpmのサービスを起動しておきます。

# systemctl start php-fpm

3.nginxの設定

nginx.confファイルを開きnginxでphpを実行できるように変更します。

# vi /etc/nginx/nginx.conf

server {
    listen       80 default_server;
    listen       [::]:80 default_server;
    server_name  _;
    root         /usr/share/nginx/html;

    location / {

        location ~ \.php$ {
            fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
            fastcgi_index  index.php;
            fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /usr/share/nginx/html/$fastcgi_script_name;
            include        /etc/nginx/fastcgi_params;
        }
    }
}

nginxを再起動しphpのファイルが正常に表示されるか確認します。

# systemctl restart nginx

サーバのルートにinfo.phpというファイルを作成します。

# vi /usr/share/nginx/html/info.php

以下の内容を書いて保存します。

<?php
  phpinfo();

ブラウザからinfo.phpを開いてphpの情報が表示されれば成功です。

おわりに

さくらVPSでWordPressを動かす - 後編へ続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする